【香港経済を追え vol.15】

香港政府財政予算案2020-2021が発表される 

経済苦境脱出の各種施策を含む

香港永久居民(永住権保持者)には香港ドル1万ドルの手当てが出るということが含まれているが、実際の給付は8月以降になるのではとの予測がされている。

・18歳以上の永住権市民(外国籍を含む)には、一人1万ドルの給付金。

・2019/20税務年度で、上限2万香港ドルで100%の給与所得と個人所得税徴収を減免。

・2020/21年度について、住宅物件のレーツ(不動産使用の公課)を一戸あたり、四半期毎に1,500香港ドルを上限に減免。

政府の財政予算案は、15年ぶりの378億香港ドルの赤字予算となるこも注目される。さらに次年度の赤字は1391香港ドルに及び、これはGDPの4.8%に該当。

福利関係のほか、
・海浜開発工事に65億ドルをプール。ビクトリアハーバーの両岸、延べ24キロに及ぶ整備を含む。
・2億ドルの予算請求で二酸化炭素軽減のグリーン基金を設立、充電施設方面の拡大計画に20億ドルを開発牽引用に支出。

・IT交通システム関連に10億ドルをプール。関連する自動車などのイノベーション技術研究を進める企業への助成を行う。

・香港初めてのジオスペース実験所設立に6000万ドルをプール。

・統合化デジタルプラットフォームに1億ドルを支出。デジタルデータ融合・情報交換の環境整備に。

香港政府 財務長官が26日に記者会見で明らかにした予算報告の詳細は、香港政府の公式ウェブサイトから、PDFの英語版・中国語版をダウンロードして閲覧することが出来ます。


原文出典(英文版)

https://www.budget.gov.hk/2020/eng/pdf/e_budget_speech_2020-21.pdf

原文出典(中国語版)

https://www.budget.gov.hk/2020/chi/pdf/c_budget_speech_2020-21.pdf

ニュース記事出典: 立場新聞 The Stand News

https://www.thestandnews.com/politics/%E8%B2%A1%E6%94%BF%E9%A0%90%E7%AE%97%E6%A1%88-18-%E6%AD%B2%E6%88%96%E4%BB%A5%E4%B8%8A%E5%B1%85%E6%B0%91%E6%AF%8F%E4%BA%BA%E6%B4%BE-1-%E8%90%AC%E5%85%83-%E5%85%8D%E5%85%A8%E5%B9%B4%E5%B7%AE%E9%A4%89-%E6%B8%9B%E8%96%AA%E4%BF%B8%E7%A8%85-%E4%B8%8A%E9%99%90-2-%E8%90%AC/